台風19号が来ますね。注意してください。

備える

台風19号、行くのに来るとはこれ如何に。
ってジョークを思いついちゃいました)笑

台風

名前は「ハギビス」なんですね。

台風19号ハギビスの特徴

なんといっても台風を取り巻く雨雲が活発で大きいことです。場所によっては半日以上強い雨が降り続ける場所があります。
そして暴風域の範囲も240km(10日12時発表)と大きいです。

台風の大きさ

10月11日15時現時点の気象庁発表の情報では、12日15時までは12時間ごとに10hPaずつ気圧は上がっていきます。
11日15時の時点では中心気圧925hPa、最大風速50m/s、最大瞬間風速70m/sになっています。

今後の動き

進路は台風の中心が静岡県の石廊崎を通って、東京の多摩を通って、13日4時頃に栃木県大田原市周辺で福島県古殿町の方角に進路を変えて太平洋へ抜けていきます。

グーグルマップ上で予想進路が見えるんですね。
かなり細かい進路予想が見えるんですね。拡大縮小が出来て便利です。信憑性はわかりませんが。

台風の進路

11日~13日の予報まとめ

11日12時の時点では速度25km/hで移動

  • 中心気圧925hPa
  • 最大風速50m
  • 最大瞬間風速70m

になっています。

12日正午までの24時間予想雨量です。定番の”多いところで”ですね。

  • 東海500mm
  • 伊豆諸島300mm
  • 関東甲信と近畿250mm
  • 四国200mm
  • 東北100mm

13日正午までの雨量は、

  • 東海600~800mm
  • 関東甲信と北陸300~500mm
  • 東北と伊豆諸島300~400mm
  • 近畿と中国200~300mm
  • 北海道と四国50~100mm

の予報で発表されています。

進路についは上記にもリンクした「グーグルマップ上で予想進路」が便利です。

被害の目安

台風の被害

被害の目安です。

  • 風速90m/sで列車が飛ばされます。流石に今回はここまではないと願います。
  • 風速70m/sで乗用車が危ないです。空飛ぶ車になりかねます。
  • 風速60m/sで人間が飛ばされます
  • 風速50m/sで多くの屋根が飛ぶ可能性があります。
  • 瞬間風速が40m/s以上で走行中のトラックが横転する可能性あり。屋外での行動は極めて危険です。
  • 平均風速35m/sを超えると多くの樹木が倒れ、電柱でも倒れるものがあります。

ちなみに、屋根の被害ですが平成3年の台風19号では57万棟を超える住宅で屋根被害を受けました。
自宅の屋根が飛んだぁ~!だけではなく屋根材が近くの建物、車両に当たったり人にケガを負わせてしまう事もあるので、屋根は定期的にメンテナンスをしましょう。こんな寸前に言っても遅いですけど・・・・。
屋根は24時間365日外気にさらされ劣化してしまっています。
定期的にメンテナンスしましょう。

屋根のことで悩みなら【リペアルーフ】

停電や備蓄に備える

備える

台風15号で千葉が大規模停電でした。
台風15号が千葉県に上陸した時の勢力が、中心気圧960hPa、最大風速40m/sでした。
今回の台風19号ハギビスも同等か15号以上の勢力を持って上陸してくると思われます。

今からでも電池や食料、水の買い置きをした方がいいです。
食料よりも水の方が重要です。飲み水で一人につき一日3L必要と言われています。
身体拭いたり排泄関係を含めるともっと必要ですね。
こういうのでまとめて買うとお得で安心しますね。

防災士厳選の防災グッズ44セット【ディフェンドフューチャー】

意外と忘れられるみたいですが、カセットコンロがあると便利です。ガス缶はホームセンター等で買いましょう。100均でも売られていますが、持ちが違うので避けた方が良いです。

あと、念のためですが雷が家に落ちてもいいように、電気機器のコンセントは可能な限り抜いた方が安心です。
雷の電気がコンセントを通って電気機器に通電すると故障してしまいます。デスクトップPCはLANケーブルも抜いておいた方が安心です。LANも通電してくる事があるそうです。
ちなみに、逆流防止が付いた電源タップもあまり信ぴょう性がないと報道で見た覚えがあるので、極力抜いてしまった方が安心です。

しっかり備えて迎え撃つ!

備えあれば憂いなしとはいいますが、どれだけ備えても不安は消えません。
予想も出来ない被災をする事もあるので、全て備える事は不可能ですしね。備蓄品は玄関の近くに置いておきましょう。家の奥の方に置いておくと、いざという時そこまで辿り着けなかったりします。
台風19号はどうなるか分かりませんので最善の注意を払って生活しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事