2022年台風15号の影響

新幹線宿泊

静岡県清水市に断水などの影響を与えた2022年の台風15号タラス
実は私の生活にも影響を与えてくれました。

その中でも新幹線の中で車中泊をするという珍しい経験が出来たので記録していきます。

いざ!東京へ!

まずなぜ新幹線に乗っていたのか・・・
9月24日に千葉の幕張メッセに用事がありました。その前後の日程9月23日、25日は地元岡崎市のお寺さんで秋彼岸のお手伝いの仕事です。
23日のお手伝いが終わった後すぐに準備をし、豊橋駅から新幹線に乗車しました。

豊橋駅に着いたのが17時30分ごろ、ちょうど41分発東京行きの新幹線があったのですが遅れているとの情報あり。とりあえず東京までは行かないといけないので乗り込みました。
豊橋駅でもかなり止まっていました。定期的に入る機械音のアナウンスは「5時41分初の列車は遅れています。」が繰り返されるだけ。結局1時間~2時間ほど遅れて出発。出発した時は寝ていたのでアナウンスも聞いていませんでした(笑)目が覚めたら走っていました。

このまま東京へ行くぞ~と一安心したのも束の間、路線上で再び停車。この停車はそんなに長く続かず無事に浜松駅に到着しました。
アナウンスでは「復旧の目処はたっていません」と言い始めました。
この当たりで25日の事が心配になり始めました。無事に幕張まで行けたとしても、スムーズに帰ってこれないと仕事に支障が出ます。
そして22時30分ごろには「東海道新幹線は運転を中止します。」とのアナウンスが流れました。
新幹線の車内にいても聞こえるぐらいの大雨で出るに出れず、ずっと新幹線の車内にいました。

浜松駅で宿泊決定~~

新幹線はもう動かない。
新幹線の車両から出るべきか悩んでいたが、特に何のアナウンスも入らず時間が流れました。
段々と雨が小降りになり、あれ?走れそうじゃない?と思ってしまいましたが、走らず。
地中の水分含有量が規定値を上回ったとかって理由でした。うろ覚えです。

特にアナウンスも無かったので車両から出る事も無く、そのまま寝てしまおうと前後の座席を占領し足を上に上げてしまいました。

新幹線宿泊

乗客が少なかったので出来たことです。これが乗客が多かったらと思うとゾッとします。

スマホには緊急速報が立て続けて入りました。寝ようと思っているのにちょっと煩い(笑)
緊急速報01

緊急速報02

緊急速報03

緊急速報04

緊急速報05
出来るだけすべての速報をスクショ撮ったつもりですが、全部かどうか分かりません。

何とか一夜を過ごしました

途中何度も起きましたが、何とか一夜を過ごす事が出来ました。
外を見ると中々の快晴でした。

浜松の車窓から

こんな時に雲一つ見えない快晴でした(笑)
なぜか穏やかな気持ちで空を眺めていると、駅員さんが差し入れを持って来てくれました。

差し入れ

普段食べないカロリーメイトです。頂き物ですが、原材料をしっかり確認して頂きました(笑)
水は本当に有難かったです。600ccのサーモスしか持っていなかったので、何度か自販機で買おうと悩んでいたので。頂いた水も一応原材料は確認させていただきました・・・すみませんね。気を遣う身体なもので。

朝起きて、天気も快晴なのですが、中々動かず、このあたりで東京の予定を完全にキャンセルしていました。
どう頑張っても間に合わないので。

在来線で帰れないかと思い駅員さんに聞いても、情報は別なんですね。駅員さんもスマホ出して検索し始めました(笑)
その時に駅員さんから聞いたんですが、私が乗っていた新幹線は浜松駅の逆方向のホームに泊まっていたそうです。
つまり、東京行の車両なんですが、大阪方面側のホームに止まっていたそうです。このホームに入った時点で運転中止の目処が立っていたと思うんですよね。かなりの雨だったのでそれも仕方ないと思いますけどね。

やっと運転再会

11時ぐらいに新幹線が動き出し、少しずつ通常へ戻っていったと思います。
私はそのまま豊橋駅へ戻りましたが、改札を見ると愕然としました。

そこには改札に入れない大量の人がいました。駅員が対応している様でしたが、もうクタクタの体で大変そうでした。
新幹線で実質どこにも行けていないので、払い戻しが出来る様にしてもらい改札を出ました。
改札を出ても長い列が続き、想像以上の人に影響を及ぼしていると感じました。

在来線は復興していて、スムーズに帰宅する事ができました。新幹線で車中泊をしたというちょっと珍しい経験ができました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事